テーマ:風景

関門橋 (水彩)

      先々月ウォーキング会が開催された関門橋です。      いつもは車で通るこの橋を 当日は下から見上げ、    行きは関門海底人道を歩き、帰りはフェリー、というコースでした。   海底人道_、初めてで思ったより狭く、たった10分の道のりで、   深い海の中を歩いていると思うと、何とも不思議な感覚で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛鳥Ⅱ号 (pen & 水彩)

 門司港の岸壁で真近かに見た、あの豪華客船、飛鳥Ⅱ号です。 先日、下関と門司港を周遊するJR主催のウォーキング会に参加した時        2年振りの寄港で6時間だけ停泊中という、     この巨大な船体を、まの当たりに出来てラッキーでした。      いいなぁー、こんな船で世界一周旅行・・・・・。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角島(つのじま)灯台 (水彩)

     ↓の角島大橋が平成の近代的な建造物に対し、      ↑の角島灯台は明治初期の古い建造物です。    日本に現在ある無塗装灯台2基の内の一つとか___。         白っぽい御影石で造られたそれは、 130年経った今も、変色も汚れもなく美しいまゝなのは感動でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一度は見てみたい橋 (水彩)

       エメラルドグリーンに輝く海に架かる長い橋を       高級車が滑る様に向こうに走り去る___、     最近までテレビのCMで放映されていた印象的なシーンです。    どこか外国のリゾートの風景と思いきや、何と日本だったとは!    先週つれあいと、この橋を巡る日帰りバスツアーに参加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国営公園・・・水辺の展示船 (pen &水彩)

          JR主催のウォーキング会に参加して       毎年の様に訪れる当地方の国営公園の一角です。          広大な園内の水辺にある模擬桟橋に、     小さな廃船とはいえ、イカリを下ろして停泊している景観は       辺りの雰囲気に溶け込み、何となく旅情を誘います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏の夕焼け (パンパステル)

    先週、家から見える夕焼けが余りに綺麗だったので、          写真に撮って描きました~^^。               ーーーが、     本物とは似ても似つかぬ絵になりました・・・。(涙)               * 日常的に誰もが見られる夕焼けは、素晴らしい天体ショ-ですねぇ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所の桜 (pen & 水彩)

    毎日の様に通る坂道を下った所の、崖の上にある桜が       この数日の陽気で、一気に満開になりました。       ここは小さな子供達の遊び場で、毎年今の時期、    7~8本位の桜が、その下を通る人の目を楽しませてくれます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログ タイトル名を変えました

                   使用した画料 オイルパステル                      画紙   ニューカラー                ***     ブログのタイトルを ” 大人のクレパス 自分流!” から …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バレーの浜辺 (水彩)

     今年は水彩風景を沢山描ける様になりたいと思い、       描きぞめは模写ですが、まずは水彩から~。         デビット・ベラミー氏の翻訳本の中から、       デモンストレーションの手順通りに筆を運びました。      原画の様には、なかなかうまくならないけれど、  それでも詳しい説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風車 (水彩)

               ゲートをくぐってすぐ左手に見えるのが↑の風景。      先日開かれたあるイベントを見に行ったハウステンボスです。       イベント事体は期待外れで早々に会場を退散し、        替りに今回は一人旅という気楽さもあって        10年振りのパーク内をゆっくり散策し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すじ雲とコスモスと (パンパステル mix)

        昨年のこぼれ種から芽を出したコスモスが          今、庭のあちこちに咲いています。                       野趣に富み、暴れた長い花首が        一日中そよそよ そよいで見飽きません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津和野路 (水彩)

      先週、つれあいと津和野日帰りバスツアーに参加しました。  島根県の山あいにある小さな町で、白壁と錦鯉の泳ぐ掘割りが続く         何となくレトロな情緒のある町です。                *         帰路立ち寄ったのは毛利氏庭園。  25000坪の庭園に、1300坪の大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家に続く道 (ペン&水彩)

         この坂道を登った先に私の家はあります。                 * * *    こなれたペン描きに、あっさりした着彩の風景スケッチ画に  最近続けてふれる機会が重なり、私も描いてみたくなりました~。      それもとびきり美しい山河や外国の風景ではなく、  散歩の途中で見かける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノイシュバンシュタイン城 (水彩色鉛筆)

   建物を見てこれ程感動した事は、後にも先にもありません。                ・                ・                ・           ドイツのノイシュバンシュタイン城__。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水辺のやすらぎ (水彩)

甘過ぎないファンタジーな画風に引かれて、玉神輝美さんの絵を模写 してみました。 ___が、技法書はマスキングインクを駆使していて、 そこの所が初心者の私ではもう滅茶苦茶になり、結局使わず描き 直したものの、原画とは程遠いものになってしまいましたわ_。(涙)               *  絵画教室等に行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラ (水彩)

     近くにある、小さな神社付近のサクラ スポットです。  洋木の針葉樹が桜並木に違和感なく、不思議とマッチしていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菜の花畑 (水彩)

     春本番、いよいよウォーキングの季節です~♪ 近隣地区で毎年開催される”菜の花ウォーキング”に参加しました~^^。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燃ゆる秋 (オイルパステル)

              「オイルパステルは もう飽きた、限界だー。」 と、   グダグダ文句を言いながら(心の中で)も、淡い色の水彩が続くと      今度はパーッと派手な色を塗りたくなり、描きました。           当地の禅寺、石庭です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスモス畑 (水彩)

 永山裕子さんの著書、「もう一度透明水彩を始めよう」 に励まされ           ボチボチ再開した水彩画。     洗練された絵になる、あの美しいにじみ や ぼかしは、 理論ではなく、沢山描いて場を踏むしかない、と思うに至りました。             遠い世界____。         …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京スカイツリー (水彩)

ゴッホの「夜のカフェテラス」のような都会の夜景を描いた絵も好きです。     昨年Eテレで放映された「アニメ流風景水彩画のコツ」の          テキストの表紙を模写しました。  この絵は、初めて見た時から新鮮で、以来ずっと模写してみたい   と、思っていたのですが何しろハードルが高すぎて・・・・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕陽のガンマン!でなく イルカ、です(オイルパステル)

     昼間の景色の写真から、 夕方を連想して描く___、      真夏の風景の写真から雪景色を連想して描く___。        そんな面白い発想を教えてくれたのは          1~2年前、Eテレの絵画講座です。        日中の写真から夕焼けの海をイメージして、           楽しみな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

油絵って楽しい! (オイルパステル) 

 最近オイルパステルはスランフで゚限界も感じ、以前程気乗りがしません。     草木の緑色の幅が広がらない風景画が特に、です。  数か月前TVで偶然見たサクラクレパス教室の講師、田伏勉さんの 技法はオイルや火を使って油絵のように重厚な絵でさすがでした。    画力のない私としては、それもチョット メンドーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水彩色鉛筆 de 初めての風景画

         ヨーロッパの廃墟となった古城?          いえいえ、ここは日本です。      毎年今の時期、JR主催のウォーキング会が開催され、         今年も参加した国営公園の一角です。      このフラワーゾーンは植えられた四季折々の花々が美しく、  「秘密の花園」のような雰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more