ハンドブレンダーを使ってみた~♪

突然ですが、ハンドブレンダーを買いました~^^


ブレンダー.jpg

初めての試作は、苺をあえてピューレー状にまでせず、
4~5秒の攪拌でゴロゴロ感を残したまゝ、スプーンで食べるスムージーから。


イチゴスムージー.jpg

今でも子供の様に、
イチゴをつぶして練乳をかけて食べるつれあいも、これならOKと。

少量の材料ならミキサーより手軽で
洗うのもラクだし、なかなか便利ですわー。

料理道具好きな私の、興味半分の衝動買いだったけど、
宝の持ち腐れにならない様にしなければ・・・・。(汗)

レパートリー増やして頑張ります。(大汗)

赤いテント の ロシア料理店( pen画 )

ツンドラ - コピー.jpg

何十年振りだろう? 本格的なロシア料理を食べたのは___。

神戸で過ごした学生時代以来だから、実に半世紀以上!

ヒョンなきっかけで、当地方にもそのシンボリックな老舗があると知って
無性に食べたくなり、仕事、高校がそれぞれ休みだった
息子と孫娘に付き合ってもらって、チョッと遠出のランチに。

ピロシキ、ボルシチ、グリバーミ、& ロシアンティー。

1000円代のリーズナブルなランチセットにもかかわらず、
一品一品丁寧に運ばれるコース料理に感激。

イタリアンの様に香辛料を使わず、
時間をかけて煮込んだ素朴な味は、心まで温まります。

ツンドラ店内.jpg

落ち着いたレトロな店内の雰囲気も、時間がゆっくり流れて心地良く、
今度は寒い冬に又来たい、と思った事でした。


しかし、何と! その1カ月後、

この老舗が創業61年の歴史に幕、というニュースが飛び込んできました。

諸々の事情に加え、やはりコロナが大きな痛手となったらしい。

たった1回行っただけなのに、何故かとても寂しいけど、
それでも最後に行けて良かった。

時々思い出しましょう、ロシア料理の名店、「ツンドラ」

ブログ開設9周年~♪( pen 画)

ブログ9周年A.jpg

祝!、本日をもってブログ開設満9周年____、パチパチ !!!

(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆(゚∇゚ノノ"☆ ぉめでと~o

だぁれも祝ってくれないので⤵⤵⤵、自画自賛⤴⤴⤴。

まぁ、それにしても、
何事も飽きっぽい私が、よくぞここまで続いたものです。

当初は半年続けばいゝ、と思って始めましたが、
もうこうなったら、目標期限等定めず、行ける所まで行こうかと。

それに今では絵を描くより、
自分の考えを表現できる文章を書く方が、楽しくなっています。

書く事で頭の中のゴチャゴチャが整理出来てスカッとするし、
自分の思考の方向性を客観的に見る事が出来るしね。

又、ブログを書こうという目線で
すべてのものをよく見る様になったので、
日常生活のさゝやかな出来事が、心の中で生き生き輝き出しました。

書きながらの気付きも多く、今では生活の大事なルーティンの一つにも。

さぁ、今度は10年目に向かって、気持ちも新たに出発です、

今から、ここから。


追悼 西村玲子さん

先日の新聞で、イラストレーター&エッセイストの西村玲子さんが
今年1月下旬に亡くなられていた事を知り、驚きました。(行年78才)

闘病中と伺い、インスタも1年近く投稿されていないので、
もしや?と、心配していましたが・・・・。

悲しいです。

若い頃から玲子さんのファッション記事はもとより、
日々の暮らしの中で小さな幸せを感じる、
感性豊かな物事のとらえ方が好きでした。

文章もイラストも飽きる事なく、
いつの時代も年齢を肯定し、平穏な気持ちになれるので
今も読み返すことが多い本です。


西村玲子著書.jpg

新聞連載の切り抜き 

西村玲子スクラップ.jpg

もう新刊を読むことが出来ない、と思うと本当に残念です。

玲子様、
私もあなたと共に年を重ねましたが、あなたの事は忘れません。

ただただ、ご冥福をお祈りいたします。


デコポン (水彩)

デコポン - コピー.jpg

ルクス も ネーミングも チャーミングな春の味覚、デコポン。

甘くて、皮も柔らかく簡単に手でむげるし、
オブラートの様な薄い袋ごと食べられるのもいゝですねぇ~^^。

ヨメちゃんの実家から頂きました。

大層美味で、
アリガトォー  <(_ _*)>   ゴザイマシタ 。



桜(水彩)

桜2021 - コピー.jpg

今年もつれあいと二人、お弁当を買って、
近くの山合いにある清流脇の、小さな桜スポットに行きました。

後何回、こうして桜を愛でる事が出来るだろうか、私達・・・・。


乙女椿 (水彩)

乙女椿2021 - コピー.jpg
カメリア・ジャポニカ・オトメ さん。

新築時、庭に植えてはや30数年、
毎年ながらガラス細工の様な美しさに見惚れます。

あの シャネルの カメリアブ ローチ の モデル とか。

あぁー、我が家の君は絵にも描けない程美しい _____ 、
なぁ~んて、稚拙な絵の言い訳にしときましょッ。

(ノ∀`) アチャー


乙女.jpg

ふき( pen)

ふき2.jpg

子供の頃、大・大嫌いだったフキ、
多分、食べ物の中で一番____。

当時、「旨い、旨い。」と言って食べていた、
明治生まれで家長然とした気質の父から、
「こんな旨いものをお前はなぜ食べない。」
と、𠮟られた苦い思い出もあります。

食べられる様になったのは____、
イヤ、むしろあの独特のえぐみと食感を味わいたい、
と思える様になったのは、やっと近年の事です。

今回は、椎茸、高野豆腐の含め煮を添えて____。↓

淡泊でふきらしいほろ苦さががフワッと漂い、舌に心に染みました。

ふき料理.jpg

私もとうとうこんな味覚をたしなめる年齢になりましたよ、
天国のお父さん。


突然の窓リフォーム

それは思いもよらぬ、突然のリフォーム工事だった。

リビングから庭に降りる掃き出し窓が、途中でガタンと止まって
急に開かなくなり、レールを見ると何と一部折れてちぎれていた!

サッシ レール.jpg
早速来てもらった業者の人曰く、
「折れ巾が広いので修繕しても応急処置になるだけ。レールと窓は
一体化しているので、窓と窓枠、セットで取り換えるしかない。」と。

ガガーン! ナンダソレ、半端な金額じゃないでしょうもんっ! )

But、以前から結露を気にしていたつれあいは、
この際ペアガラスにと結構乗り気に。

( 余りに突然の事に、金融庁の私の頭の中は札束がグルグル廻った。)

騙されて(?)なるか(笑)と、必死で調べたら、
まれにあるケースで、そうするしかないらしい。

家の場合、特に開口部が大きかっただけに、
30数年の内にレールに負荷がかかったか____。

( もうこうなったら、やるっきゃない!)

かくして、急遽、窓全体の取り換え、となった次第デス。(涙)

掃き出し窓リフォームC.jpg
これを機に、
重たかった2枚建て引き戸を4枚建てに____、
勿論、つれあい御所望のペアガラスに____、
他にも窓枠の断熱複合サッシ、____、

等々、以前のサッシと比べて随所に技術革新の跡が見られ、
窓ごときで時代の流れを感じたことでした。


━━━━━━━━━ 付録 ━━━━━━━━━━


ルーバー雨戸.jpg

こちらは2年前、同じ窓を私の希望で
採光、採風のあるルーバー雨戸に取り換えたモノです。

今回のリフォームは、この雨戸が温存出来たのが幸いでした。

従来の雨戸は閉めたら部屋が真っ暗で圧迫感がありましたが、
これだとルーバーの向きを変えれば、閉めたまゝ外の景色も見えて、
何より夏場の西日をさえぎるので重宝しています。

小さな所で大きな変化、
こんな変化を見過ごすのも良し、取り入れるのも良し。

椿(水彩)

椿2.jpg

椿はとても種類の多い花。

大、中、小輪あり、八重、一重あり。

色も赤、白、ピンク、ぼかし、斑入りと、様々です。

薔薇の様な美しさから、
ヨーロッパでは昔、ウィンターローズと呼ばれたそう。

我が家の椿も落ちてなお美しく、木の根元を飾ってくれます。

そんな風情の名も素敵、落ち椿。


嬉しいお絵描きデスク

デスク.jpg

近頃、お絵描きのモチベーションが下降気味⤵ でして ・・・・ 。

コロナのモヤモヤ、オリンピックのモヤモヤ、そして何よりお絵描き場所が原因デス。

数年前、つれあいと私のホビールームがあった老朽化した別棟を解体して
以来、仕方なくリビングにあるダイニングテーブルで描いています。

わざわざ別の空き部屋に行って描く程の大層な絵ではないしね。

それに何と言っても、常時エアコンの入ったリビングが心地いゝもんで。

でもそのテーブルはやっぱり食事の場___、
使い勝手も悪く「これでは イカン!」と、急遽思い立ちデスクを買う事に。

数々あるデスクに目移りしながらやっと選んだのが ↑ 。

スッキリしたデザイン、コンパクトなサイズ感、これならリビングに置いても
圧迫感がないし、何より「お求めやすい価格」が決定打でした。

オー、マイデスク~! 
こんなつゝましやかなモノでも スゴォーク 嬉しい。

お絵描き、ガンバロ。

本日のブログ、初めてこのデスクより発信、ルンルン~♪

公開! ポン。

梅にメジロ~♪(水彩)

梅にメジロ - コピー.jpg

二月、きさらぎ、梅見月。

「梅にうぐいす」と云われる位、
双方、日本古来の伝統的な取り合わせですが、
家の梅の古木にはサァーパリ来てくれません。

あの有名な美声を聞かせて欲しいのに、
たまに来るのは、無口な(?) メジロばかり~。(笑)

でも描きました、「梅にメジロ」。

----- ◆◇◆ ----- 

近景の大きな木の枝ぶりを描くのは苦手です。

↑ の絵は、後方の枝をもう少し薄く明るい色で描いた方が
奥に引っ込み、遠近感が出て良かったかな。反省。

描き直したいのだけど、実はこれも2枚目でもう疲れた。⤵

不満足だけどアップします。

どうぞお目こぼしを____。

m(_ _)m カタジケナイ



筆ペン de 名画に学ぶ~(pen)

鳥獣戯画2.jpg
筆ペン?
家にあるけど、冠婚葬祭の のし袋に書く時以外、使わないなぁ。

そんな筆ペンを使って名画を描くという、
チョッと面白い発想の趣味番組が、今月からEテレで始まっています。

描くのは、光琳、土牛、大観、等々、そうそうたる巨匠達の絵です。

私も習って描きましたよ~。↑
( 鳥獣戯画 ヨリ )

エイヤーッ!  ドヤッ!


おしゃれは続くよ~♪

緊急事態宣言発令中の当地____、
大好きなウィンドーショッピングも自粛中の今、
ステイホームでファッション誌なんぞ 読んで 眺めて、暇をつぶしております。

おしゃれ本1.jpg

↑ は、私もフォローしている83才の人気 ファッション インスタグラマー、
通称 "マダム” こと、木村真由美さんのスタイル写真集。

人生の大先輩の、その大胆なファッションもさることながら、
ウィットに富んだ語り口から感じる、
私はわたし、という、ぶれない所も好きデス。

”マダム” と同じ格好をしたい訳ではなく、
あゝ、こういう着方もありだな、
と云う発見があり、元気も貰いました~^^。

眼福だけでスルーするページもあれば、↓の様に目に留まるページも。

視線の先は、服よりその足元____。

ナイキ2.jpg

コンバース.jpg
上、ナイキ。  下、コンバース。

上質でオーソドックスな服装を、スニーカーで ”はずす” __________。

Fum、 fum、な~る程~~。

私も履いてみよっか、ナイキのエアマックス。

・・・*・・・

ありきたりの服を着ているのに、
どうして私はおしゃれなんでしょうか?


AA.jpg

何とも長いユニークなタイトル本の著者は、”のどか”さん。

ユニクロ、GU等、ファストファッションのコーディネートを紹介する人気ブロガーだとか。

アラフォー世代らしく、こちらの方が年齢的なギャップがあるはずなのに
あまり気にならず、むしろ写真集ではない、
オール手描きイラストの、チト素人っぽさが味わいでして~~.。(笑)

特定の年齢層を意識せず展開している、
というユニクロのコーディネートは、シニアの私でも参考になりました。

私もよく着る白TシャツとボーダーTシャツ___、おしゃれに必須アイテムだと。

特に白Tシャツは、ユニクロ、メンズのスモールサイズを着れば、
肌を露出させ過ぎず、生地もしっかりして、体の線を拾わないそう。

Fum、 fum、な~る程~~。

今夏、私も実践してみよっか、ユニクロ、メンズの白Tシャツ。

・・・*・・・

フーッ、オシャレって修行ですねぇ、つくづく。

椿にぞっこん

椿 吹上絞り.jpg


ワオーッ、とうとう手にいれたぞーっ!  ナニ ?!Σ(゚∀゚ )≡( ゚∀゚)ナニ ?!

椿、”吹上絞り”の苗木です。   ドテッ !(((((((((((o_ _)o ナァーンダ


発端は、
近所のこじんまりした会社の敷地をぐるりと囲んだ生垣の椿。

交互に植えてある絞り咲きと赤無地のどちらも八重の花が
一斉に咲いた時は、バラの様にあでやかでそれは見事です。

毎年ながら、開花中は回り道してでも何度も眺めに行く私は、
中の人から見ると怪しい人にみえてるかもね。(笑)

すっかり魅了され、
家の庭にもと、ズーッと探し求めていたこの吹上絞り___、
先日、やっと見つけ出したのは、意外にも近くのホームセンターでした。

屋外の園芸売り場に20本程あった椿の中で、この品種は1本だけ。

勿論即決デス。 併せて真紅八重咲きも。

つれあいはその苗木の小さゝに呆れていましたが、なんのその、
大切に大切に育てませう~~。

@¥798×2 でかなえられた、さゝやかな私の夢。



椿の夢.jpg


ブルーベリー入りのメレンゲゼリー

ブルーベリー淡雪.jpg

知人からコストコで買ったと、フレッシュブルーベリ-を頂き ました。

大半をジャムにして、あえて少し残した分、
私の十八番、淡雪かんに入れて作ってみた、けれど・・・・・。

結果____、
あっさりし過ぎているというか、何というか、⤵ 
味も食感も馴染まずイマイチ ____。 ⤵⤵(涙)

淡雪に合うフルーツは苺か、フレッシュパイナップル あたりかな。

ブルーベリーにはクリームチーズが黄金コンビ、というのが常識でしょうが。

反省㊥ ─( .;´;_ゝ;`)ゞ─!!!

But、ビジュアル的にはキレイだから、一応記念撮影、カシャッ。


レースアップ ブーツ(水彩)

レースアップブーツB.jpg

靴が好きデス。

新しい靴を履けば姿勢も良くなるし、
最初に一歩踏み出す時の、前を向いて歩む気持ちの良さったら~。

今冬初めに買ったレースアップブーツです。↑

デザインもさることながら、
サイドファスナー付きでスニーカーの様に歩き易いので
今の時期、日々の買い物にはいつもこればかり履いてます。

パンツに良し、スカートに良し。

コロナ禍が終わったら、風を感じながら歩いて行きたい、どこまでも。


真冬のカラーリーフ

へーべ.jpg

昨年末ギリギリになって、門松用の葉ボタンが足らない、
と云うつれあいに便乗して園芸店へ。

そこで私の目が釘付けになった、シックな マゼンタピンク の カラーリーフ です。↑

ラベルで知ったその名は「へーべ」。

「冬の庭にまるで宝石のよう~~、・・・・・うんぬん、」
書かれたちょい飛躍し過ぎるキャッチコピーに苦笑しながら、
今は小さいけど大きくなるのかなぁ?
植える所、あるかなぁ?

等々しばらく悩んでいたら、つれあいがせかすので、
とりあえず買いましたっ!

調べれば、樹高60cm止まりの常緑低木で、ブッシュ状に育つそう。

大きくなって、冬の庭にマゼンタピンクの葉が
広がった光景を想像しただけで、胸キュン。

園芸品種も沢山あり、
画像で見る限り、” ジュエル・オブ・ナイル ”に似ている様な・・・・・。

その素敵なネーミングに又、又、胸キュン。

早く大きくなぁれ、ナイルの宝石よ。

こんな世の中でも、庭にはまだまだ夢がいっぱい。


今年のお正月

2021年賀正.jpg

明けましておめでとうございます。

新しい年が、健康と平和で満たされます様に。


↓ は年末に、息子家族が庭でついたお餅の入ったお雑煮です。
何よりの御馳走でした。

2021年お雑煮X.jpg
具・・・・・お餅、大根、人参、生シイタケ、鶏肉、えび、かつお菜、
and 香りづけのゆず少々。
1cm弱の輪切りにして下茹でした大根をお椀の底に敷く。
お餅がお椀にくっつくのを防ぐ為。


例年だと今頃は大好きなウィンドーショッピングに行っているのですが、
今年はステイホームで大人しく家にいます。
近い将来、安心して暮らせる日が来ると信じて・・・・・。

本年も宜しくお願い致します。