ペットの描き方~~♪(ペン画)

ブック デッサン B.jpg

動物の絵を描くのは楽しいけど、意外と難しいデス。
特に、顔よりビミョーな形状の腕と脚。

今回描いて ↑、参考にしたのは 図書館で借りた ↓ の本。

ペットの描き方B.jpg

著者が獣医さんだけあって、骨格と筋肉をベースにした体の
構造を理解する事から始めています。

とても分かり易く納得のいく説明に、
すぐ実践してみたくなって、孫犬をモデルに描きました。

↓は上の絵を描き始める時の大まかな骨格を「アタリ線」とした下描き
img202 - コピー.jpg
骨格を頭に入れて描くのは、口では言えない程の安心感が。

本当はもうチョイ手足が長く、スレンダーで美犬なんだけどな。
ごめん、ぶっく。

でもこれから動物の絵を描くのが楽しみィ~~~♪  ガンバロ。


 ━━━━━━━ 付録 ━━━━━━━

動物の描き方B.jpg
↑は以前から家にある、洋書の日本語版で
表紙がとっつきにくい (?) けど (笑)
大型動物の、同じく体の構成から説明しています。

上級者向けで、手が届かない程ハイレベルですが、
眺めるだけでも、本棚にあるだけでも楽しい技術書です~^^



この記事へのコメント