酢豚 自分流、そして時代はエコキュート?

画像


   私が作る酢豚は、そんじょそこらの並みの中華レストラン
(高級ではない)で食べるよりズーッとおいしいと自負しております。

            ヾ(≧з≦)ゞブッ

             理由は簡単、
  ① 豚肉は国産の柔らか~い肉を使用、
  ② パイナップルはどっさり入れて、
  ③ よく色どりに入れるピーマンを、キューリにするのが自分流。
 
     人参と同じく乱切りにしたキューリもしっかり炒めるので
       色は褪せますが食感がよくおいしいンです~。

          そして極め付けの味付けはコチラ↓

画像
 
  数年前出会って以来、ビミョーにおいしいので、ずっとコレです。

            失敗しないしね。

           (〃⌒∇⌒)ゞエヘヘッ♪



   ◇◆◇---ここからは完全に独り言---◇◆◇

  最近家の古い灯油ボイラーがいよいよ怪しくなったのを機に、
     これから先の事を考え、熱源を灯油から電気に、 
  そしてこの際、旧式の浴室のリフォームもと、急遽決断しました。

まだメーカーやリフォーム会社選びの段階とはいえ、ボイラーがギブアップしな
い内にとアタフタして、今、お絵描きやお菓子作りどころではありません

業者は皆予想通り、エコキュートとキッチンもIHに、とオール電化を勧めます。

          10年前のキッチンリフォーム時に
    IHメーカー主催のお料理講習会に参加して感じたのは、
       火が通っているという実感が沸かない___、
          フライパンを豪快にあおれない___、
私のDNAの中に叩き込まれているガスの青い火も捨てがたい、__

という事と、当時まだ時期早尚という事もあり、スルーしたものでした。

  しかし最近、近隣地区の建売住宅は殆どオール電化仕様で、
近い将来、火を使って料理出来ない主婦が増えて来るンだろうな。

    そうそう、余談ですが、孫たちの通う小学校でも、
 すでに入学時、水道の蛇口をひねれない(レバー式しか知らない)、
 プールサイドの和式トイレで用が足せない、等という子供が増えつゝ
   あると聞いても ”さも、ありなん”と、思いましたよん。

      今回は随分迷い一時はIHに傾きましたが、
   冷静に考えて、やっぱりこれからもガスでいこうかと。

そうやって、時代から遅れていくのだろうか、だんだんに・・・・。

この記事へのコメント