保護犬、脱走の巻

画像


  近くに住む息子家族の外飼いWANが、脱走 ___ 。

先々月初旬、当地を襲った記録的豪雨と激しい雷鳴の夜の事です。

   翌朝息子から知らされ大雨の中、つれあいと三人で
辺りを探しましたが見つからず、仕事に出る息子夫婦に替わって
      保健所と警察に届け出を出しました。

 近所の交番では、ヒマな 親切なお巡りさん二人から色々聞かれ
         書類に署名した後、告げられたのは、
「この情報は今から県内所轄の全警察に”遺失物”として流します」

     遺失物 ねぇ・・・・、  何だかなぁ・・・・・。

              ***                 

    私は私で、出入りする配達の人達に情報の提供を
     お願いしていたところ、3日目に連絡が入り、
      息子宅から2km位離れたところで無事発見。

 つれあいが捕まえる時は喜ぶどころか、放心状態だったそうです。

   痩せて、もともと臆病なので相当なストレスだったのでしょう、
   すごい抜け毛が綿ぼこりのようになって、体に付いていました。

       それでも見つかって、良かった良かった。

  ( 勿論、くだんの派出所には「遺失物が見つかった。」と、報告しときましたよん)

               ***

          そのWANも今月で満3才。

  幼犬期に保護施設から来たので正確な日にちは不明です。

 来た時は、余程つらい目にあったのか怯えてなかなかなつかず
  息子達が手を焼いているのを見て、子犬の方が不びんに思え
  過去に何度か育犬(?)の経験がある私が留守宅の庭に日参し、
     根気強く、少しづつ、少しづつ馴れさせました。

   成犬になった今も本来の性格か、”超”が付く程、怖がりで、
       本当は息子家族の犬なのに、そんなこんなで
     このWANには深く愛情を注がずにはいられません。

       ぶっく、三歳のお誕生日おめでとう!


画像



この記事へのコメント