フライパンで蒸したとろりんホールプリン~♪

画像


  先月、中学生の孫娘の誕生日、恒例のバースデースィーツに
    リクエストされて作った”蒸しプリン”の試作です。↑

  しばらく作ってないのと、彼女がワザワザ ”蒸し” と付けた
     耳慣れない言い方に、違和感があったものの
  簡単なので 「ok、ok、~♪」と、快諾してしまいました。


           ~*~*~*~*~*~*~*~        

           確認の為、検索すると

       蒸し器で蒸すのが、”蒸しプリン”、
      オーブンで蒸し焼きするのが、”焼きプリン”、
スーパー等で売られている ゲル化剤で固めたのが、”フツーのプリン”

             ____ だとか。
 
          ~*~*~*~*~*~*~*~


  一度に大量生産出来ない蒸しプリンは、ホームメードならのもので、
     焼きプリンよりミルキーでまろやかなんだそう____。

      「それでは頑張らなくっちゃぁー。」と
  10年振り位に、リハーサルがてら18cmホールで作ってみたのが
              コレ↓

画像

          ガ━━(゚д゚;)━━ン!! (泣)

火星のクレーターの様に、強烈に「す」が入りましたぁー。(大泣)

        すっかり自信はなくすは、焦るはで、
      結局誕生日まで4日間、毎日試作しましたよん。

        まぁ、こんな事にかまけておられるのも、
   リタイア生活の今だからこそではありますが___、アリガタヤ。

    プロのパティシエの方のサイトで、プリンは材料を混ぜるだけで
    簡単に見えるけど、温度管理が非常にシビアだと___。

            確かに、確かに。

  卵の白身と黄身の凝固温度の違いや、水蒸気との関係等、
     科学的根拠のあるその説明に感心しながら、
       何とか滑らかに仕上がり、一安心。

 孫娘のお蔭で、いい脳トレ  いい勉強になりました~^^。

          たかが プリン、 されど プリン。

この記事へのコメント