テーマ:生き物

紫色(?)で描いたゾウさん(水彩)

近頃、柴崎先生の動画は生き物の絵が続くので、嬉しくなります。 今回はゾウさん。(先生は”さん”づけで呼んでる) 今にも紙から抜け出て来そうな、凄い迫力です。(お手本の方) 背景のサバンナの夕焼けの美しさとうらはらに、 にじみ出る巨大な動物の孤独感・・・・・。 難しさを承知で、勇気を持っていちいち感動し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白い絵の具を使わず描いたニワトリ(水彩)

水彩で生き物を描いたのは初めて? 多分。 今までオイルパステルで描くのが定番だったから。 柴崎先生の模写です。 先生のライオンやネコの絵は凄すぎて、模写はとても歯が立ちませんが、 ニワトリなら何とか・・・・・・。 お手本通り、 ニワトリの体は白く塗ってないのに白く見える、水彩らしい技法で。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*初めてのカラーペン de フラミンゴを描く~♪ (pen)

  毎年春と秋、近場の自然豊かな国営公園で開催される        ウォーキング会に、今年も又参加しました。    中でも動物ゾーンは何回来ても癒され、飽きません。        あでやかな色彩とエレガントな佇まいで、     来た時はいつもしばし見とれる水辺のフラミンゴ群。           …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイガモのいる風景 (水彩)

          絵を描くのは1カ月振りです。     ゼンタングルは ”絵” という感覚がない為、除いて___。                *      今、近くの田んぼの一角にいる12~3羽のアイガモ、 フェンスで囲ってるので、農家の方が世話してらっしゃるんだろうな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼンタングルもどき de ふくろう (pen)

         規定にとらわれないゼンタングルを、と、         ふくろうの中に描いてみました_______、     が、失敗しない様、気を使い、かえって疲れました。          やはりルール通り、9cm弱平方の紙に、      グルグル廻しながら自由に描くのが、ノンスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カエル (オイルパステル)

 写真で見たカエルの手が何とも可愛いくて、そのまんま描きました。       オイルパステルで生き物を描くのは一年振りです~☆
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふくろう (水彩色鉛筆)

 鳥を描くのは殆ど初めてで、写真を見ながら描いたふくろうです。    意外と顔が難しく、描きあぐねていたら、つれあいが、 「顔が前に出ていておかしい、写真は平らで奥に引っ込んでいる」               と。     まさに意表を突かれた思いで、そこの所を意識して  2枚目に描き直したら、確かに前より大分良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君の名は? (オイルパステル)

             君の名は?                ・                ・                ・              「クーズー」    オイルパステルでは動物を描くのが楽しいデス。何となく~♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕陽のガンマン!でなく イルカ、です(オイルパステル)

     昼間の景色の写真から、 夕方を連想して描く___、      真夏の風景の写真から雪景色を連想して描く___。        そんな面白い発想を教えてくれたのは          1~2年前、Eテレの絵画講座です。        日中の写真から夕焼けの海をイメージして、           楽しみな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キングペンギン (オイルパステル)

連日猛暑の中、せめて清涼感のある絵をと、ペンギンを描きました。          いかんせん、稚拙な絵の為、   かえって暑苦しく感じられたら、どうぞお許しを~。(汗)                *           そうそう、遅ればせながら、            暑中ご見舞い申し仕上げます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野うさぎ (オイルパステル)

        ピーターラビットに憧れて描いたのは、         あえて白ウサギではなく野ウサギです。     ”目”が思うように決まらず、キュートになり過ぎない様      気を付けて最後まで何度描き直したやら・・・・。          小動物とはいえ野生のものは、    イマイチ可愛くない位の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百獣の王 (オイルパステル)

         ライオンを描いてみたくなりました。    自然界のライオンは、子供のうちに半分以上が死に、育っても    雄で老齢期まで生きられるのは、10%程度ににすぎないとか。      その風格の中に感じる、一抹の憂愁の陰・・・・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラミンゴ (オイルパステル)

 孫娘二人を連れて、ショッピングモールの中にある小動物放し飼いの         ミニミニ動物園に行きました~♪   中にいたフラミンゴ、立ち姿は何ともエレガントで美しいのですが、   傍に寄ってジーッと顔を見たら恐竜時代の生き物のようでゾーッ。     孫より大きな背の高さでこちらに近づいて来た時は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アゲハ蝶 (水彩色鉛筆)

    庭で綺麗な羽のまゝ死んでいるアゲハチョウを見つけ、       そっとすくって部屋に入り描きました。       完璧なまでに美しい左右対称のその文様は、           神様の成せるわざか?       描いた後、土の中に葬ってやりました__。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麒麟 (オイルパステル)

    最近、いろんな画材にアチャラコチャラと脱線しております      確かにこのオイルパステルで描く時が、一番気負いなく          リラックスして描けるのですが・・・・。            動物の絵なら尚更です。    願わくは、ラフなタッチで躍動感のある動物を描きた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トイプードル (オイルパステル)

         ぬいぐるみではありません。     愛犬雑誌のトリミング特集に出ていたトイプードルです。  可愛い、可愛いという想いと、この画材の滑らかな描き心地が        マッチして、スムースに短時間で描けました。      まさにオイルパステル冥利に尽きるモチーフでしたワン~♪ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子象 (オイルパステル)

出来栄えはともかくとして、動物を描いている時は心が癒されます。          生き物のかもし出す生命力と、     オイルパステルを直接指に持ってグイグイ描く力感との相性が、           特にいい様な気がします。 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライオン ベィビー (オイルパステル)

  東アフリカ ケニアのサバンナで、ドイツ人動物学者とカメラマンが一年間、     そこに住む野生動物を観察した写真集があります。 和訳の文章は子供向けの感じですが、内容は知らなかった事も多く      美しく生き生きとした写真と共に感動的です。       その中のライオン編の一ページから描きました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more