テーマ:植物

ユーキャン de 学ぶ~~ (水彩画)

ユーキャンで、水彩画風景スケッチ講座を受けることにしました。 受講期間3ヶ月の短期決戦デス~~^^。 ↑は初めての課題で描いた、「窓辺に飾られた花」。 しょっぱなから苦手な、 しかも込み入った小花の絵で、ひるみましたよん。 このレッスンのコンセプト、「形をとらえ、簡略して素早く描く」を意識し、 手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜(水彩)

今年もつれあいと二人、お弁当を買って、 近くの山合いにある清流脇の、小さな桜スポットに行きました。 後何回、こうして桜を愛でる事が出来るだろうか、私達・・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乙女椿 (水彩)

カメリア・ジャポニカ・オトメ さん。 新築時、庭に植えてはや30数年、 毎年ながらガラス細工の様な美しさに見惚れます。 あの シャネルの カメリアブ ローチ の モデル とか。 あぁー、我が家の君は絵にも描けない程美しい _____ 、 なぁ~んて、稚拙な絵の言い訳にしときましょッ。 (ノ∀`…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

椿(水彩)

椿はとても種類の多い花。 大、中、小輪あり、八重、一重あり。 色も赤、白、ピンク、ぼかし、斑入りと、様々です。 薔薇の様な美しさから、 ヨーロッパでは昔、ウィンターローズと呼ばれたそう。 我が家の椿も落ちてなお美しく、木の根元を飾ってくれます。 そんな風情の名も素敵、落ち椿。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅にメジロ~♪(水彩)

二月、きさらぎ、梅見月。 「梅にうぐいす」と云われる位、 双方、日本古来の伝統的な取り合わせですが、 家の梅の古木にはサァーパリ来てくれません。 あの有名な美声を聞かせて欲しいのに、 たまに来るのは、無口な(?) メジロばかり~。(笑) でも描きました、「梅にメジロ」。 ----- ◆◇◆ -…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉ぼたん(水彩)

雪にも負けず、みぞれにも負けず、 丈夫な体を持った葉ぼたんは、真冬の庭のエースです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シクラメン ( 水彩 )

花を描く時、花色もさることながら、 葉っぱのビミョーな緑色の固有色に、いつも戸惑います。 シクラメン独特の青緑の葉色は、事前に下調べして、 プルシャンブルー、イエローオーカー、バーントアンバー、コンポーズブルー、の混色で。 ( "緑色”は、一切使わず ) ウ~~ン、なかなか____。 色だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭のコスモス(水彩)

今年も庭に、去年のこぼれ種からコスモスが沢山咲いています。 そよ風に、花がトントンこ踊りし、 時折吹く疾風では、一瞬にしてピンクのウエーブに~~。 一日中眺めて見飽きません。 揺れるコスモスが好き~、秋が好き~~。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

朝顔(水彩)

今年も種をまき、育て、そして描きました。 朝顔デス。↑ 花も葉っぱも形状はシンプルですが、 つるが絡み、込み入った草姿が絵には難しい・・・。(涙) 毎年、どこを切り取って描こうかと、悩みます。 葉っぱのやゝこしい茂みは、眺めても何が何だか分からず、 概念で描いてしまったので、かな~り怪しい (?)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫陽花(水彩)

六月、水無月、紫陽花の月。 あじさい____、 名前の穏やかな響き、そぼ降る雨に濡れた青紫色の美しさ。 雨の中でも鮮やかに映え、あんなに淡い色調なのに どうしてクッキリ浮かび上がって見えるのだろう。 他の季節の花にはない叙情に心惹かれます。 今の時期、ご近所の塀越しに見える 微妙な色の違う紫陽花を眺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドクダミ草 (水彩)

繫殖力旺盛で、抜いても抜いてもはびこるドクダミ草。 今年も庭の片隅に、小花が沢山咲きました。 花が終わったら根こそぎ抜き取ります。 なのに来年又、元の木阿弥に____。 毎年これの繰り返し。 まぁそれでも花が可愛いから、いいとしよう~~。  ........(/^-^;)/ アラララ  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久し振りのお絵描き、カーネーション~(pen & 水彩)

家族でも我が家に大勢集まれば3密になるからと、 恒例の会食の中止を私から申し出た今年の「母の日」___。 それでも息子とヨメチャンが、 キレイにラッピングされたカーネーションの鉢物を持って来てくれました。↑ 小振りながらつぼみが沢山付いていて、 2週間以上経った今も順次花を立ち上げています。 * * …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦手な花の絵ですが・・・・・・(水彩)

花を水彩で描くのは怖くて、いつも気後れします。(涙) ガクガク (((((((( ;゚Д゚))))))) ブルブル 花瓶に挿している込み入った花なら尚更の事。 でもそんな機会は意外と少ないし、 それではと、前回のペン画の花を今回は水彩でチャレンジしました。 紙のサイズも F3からF6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれあいの生け花~♪(pen & 水彩)

貧乏性なのか、それとも本当に貧乏なのか___、 多分後者~~。 普段、切り花を買ってまで部屋に生ける事はしない私なので、 毎年末、お正月くらいはと、 つれあいが玄関に飾る花を自分で買って来て、自分で生けるンです~^^  (´・∀・` ) アッチャマァ- 長持ちする様、毎年同じ、松、菊、百合、カスミ草の4種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスモス の季節 (2019年 水彩)

行きつ戻りつの秋。 歳を重ねるごとに、季節の花が楽しみになります。 家の庭から近所の軒先や、田んぼのあぜ道に咲く花までも。 今年も又、昨年のこぼれ種から咲いたコスモスの長い花首が、 風にゆらゆら揺れて見飽きません。 衝撃的なニュースが多い昨今、変わらぬ花の美しさが救い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太い筆で描いた紫陽花(水彩)

    技術面はまだまだ程遠いけど、初めて太い筆で描いたアジサイ は、自然とラフなタッチになってウレシイ~^^。 今までは、細い筆で花びら一枚一枚チマチマ描いていたので、 立体感が乏しく、塗り絵の様な固い絵になっていたもの。 水をたっぷり含んだ穂先が、紙の上をスピーディーに滑る 気持ちよさったら~~。 な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チューリップの絵 (水彩)

  時代は平成から令和に移って、最初の絵はチューリップから。   これは昨年、鉛筆で下描きだけして放置していた絵に            彩色したモノです。     又々、柴崎春通画伯の動画で教わりました。     花の色はお手本通り、オペラとレモンイエローだけで、 パレット上で混色せず、紙の上で滲ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

* ビニールポットのパンジー苗(オイルパステル)

        先日久し振りに園芸店へ ~♪  華やかな花にうずもれたカオスの様な店内をすっかり堪能し、 今回買ったのは、対のハンギングバスケット用のパンジーの苗等10株。             描いたのが↑。            植え込んだのが↓。       半円リースは3~4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*祝 パソコン退院&久し振りの絵(水彩)

      入院していたパソコンが、昨日無事退院~            ケータイが、今だガラケーの私は  この10日間、ネット社会とは無縁のアナログ生活をしておりました。 図書館に行ったり庭しごとに精を出したり(殆ど草むしりですが)。        押し寄せる様なリアルタイムの情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*秋桜 (水彩)

       庭のコスモスが、そぞろ咲き出しました。 花の少ない家の庭が1年に一度だけ、そこかしこコスモスだらけです。          毎年のことながら見飽きません。                *    暑い、暑いと言っているうちに、季節は足早に過ぎて秋。             光陰矢の如し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*はがき絵初体験~(水彩)

阪急デパートの催事コーナーで開催され、参加したハガキ絵ワークショップ。           初めての作品です。↑    エンピツでアタリを取ってから描く通常の水彩画と違い、   いきなり、ぶっつけ本番で筆から描くので線が柔らかく、    パレットで混色せず紙の上で滲ませる技法も新鮮でした。 絵は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

* ザ・朝顔 ~~(水彩)

     朝顔を育て始めて、今年で5度目の夏____。    今までありそうでなかった、古典的な中輪咲きの種を、        今夏やっと手に入れる事が出来ました。     最近、一般に市販されている種は、殆ど改良品種で、  大輪咲きだの、超巨大輪咲きだの、大きさを競っているのが多く、     それって経験上、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*昔の紫陽花、今の紫陽花 (水彩)

 昨今、園芸店に並ぶアジサイの、改良品種の多さに驚かされます。  ↑に描いたのは庭にある、花色が七変化する昔からのアジサイです。    ↓は一昨年、ご近所さんから頂いたアジサイの切り花を、  花後挿し芽し庭に根付かせた、八重咲き額アジサイ、ピンクバージョン。       地植…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*白い追憶・・・ドクダミ草 (pen & 水彩)

 庭の片隅に普段は邪魔者で、抜いて抜いてもはびこるドクダミ草。     それでも白い小花が咲いてる今の時期だけは、         そっとしてやり眺めています。     キツイ薬草独特の匂い( 私はキライではありませんが )は、        意外と心の奥に親しみをもたらせて、     過ぎ去った過去をよみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*桜に思いを寄せて~ (水彩)

   今年もつゝがなく、桜の花を愛でる事が出来ました。    満開もいいけど終わり掛けの、少し葉っぱが出始め    花びらがひらひらと散り始める頃の風情も好きです。       人が桜を見る回数は年の数だけだそう。        ならば私は後何回見らるのかしら?         イヤ、そんな事を考えるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*一期一会の椿 (オイルパステル)

   私が頭の中でえがく椿のイメージにピッタリ重なる椿に、          ホームセンターで出会いました~^^   真っ赤な花弁、金色のしべと、艶やかな深い緑のコントラストが   苗木ながらシックで洗練された雰囲気をかもし出しています。            すっかり魅了され、    欲しいけど庭に下ろす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*葉ボタンをクレパスde描いてみた~

  初めは果敢に水彩で臨みましたが、ハチャメチャでギブアップ。             p(´⌒`。q)グスン 気を取り直して、今度はクレパスで描いてみたけれど・・・・・。             ヾ(- -;)ウーン…           何とも難しいモチーフでした。         …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一輪の紅い薔薇 (水彩)

     先日、小ホールで行われた孫娘のエレクトーンの発表会、    無事終了し、出口で帰り支度の来場者に手渡されたのは      当日会場に飾り付けてあった花のおすそ分け。     頂いた、カーネーション、ストック、そして一輪の紅いバラ↑。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オベリスクのヘブンリーブルー (水彩色鉛筆)

        今年のコンテナ植え秋咲き西洋朝顔は、 花が咲く前の9月中旬から、ツルが既にオベリスクの頂点に達した為、 無謀にも絡まっていた4本全部を無理矢理根元までほどきました。 遠廻りする様、再度巻き戻したら、その後、生育が急速に衰えるは、       葉っぱは縮こまるは、で、散々でしたが、  今、花だけは小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風に揺れる秋桜 (水彩色鉛筆)

アジサイが”雨”に似合う花なら、コスモスは”青い空とそよ風”、でしょう。     高い草丈と、きゃしゃで長い花首が風に揺れながら        秋空に向かって歌を歌っている様な~♪             秋ですねぇ。              *~*~*         ↓は毎年こぼれ種で咲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more