テーマ:ガーデニング

庭の燈ろう

庭に雪見燈ろう(もどき?)があります。 名工が作ったものでも何でもありません。 昔、モノ作りが好きだった父が、セメントで作った自慢の灯ろうです。 元々、遠い県外の実家にあったのを、 80才になった父が一人暮らしにピリオドを打ち、 我が家で同居する事を決めた時に、ワザワザ送って来たのです。 当時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏の ウォールガーデン

園芸シーズンにつき、園芸ネタが続きます~~^^。 真夏の壁掛けプランターに植えるジニアを買いに、いつもの園芸店へ。 温度調節されたビニールハウスで、 ひときわ目を引いた色鮮やかな リーガース ベゴニア達。 一番小さな鉢植えなら何と、@¥250!  安~~~ッ! 室内で育てる、と書いてあるのに、安さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オシャレなプランター de 初めてのトマト栽培

ワーッ!  おっしゃれ~~^^   HCの園芸売り場での事____。 色鮮やかなバケツ型で、取っ手の付いた大型プランターに一目惚れ。 赤いプランターには同色の支柱に、トマトを、 紫色のプランターには同色の支柱に、なすびをと、 植えている サンプル ディスプレイ に又々胸キュン。 植木鉢はも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏の庭

六月、紫陽花、そぼ降る雨。 梅雨のさ中、庭の紫陽花3種類が今、見頃です。 ↓ 切って花瓶に挿しました。 毎年味わえるこのゴージャス感! ↓ ~*~*~*~*~*~*~ 庭の花木は毎年、2月の梅の開花から始まり、 椿、レンギョウ、マンサク、ヤマボウシ等々、順次咲き終わって、 この紫陽花を最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏の剪定

新緑の5月____、 中旬ともなれば、庭木も色濃くワサワサ茂ってうっとおしくなります。 木々達も 「早く私達をキレイに整えて下さい。」 と 、言っているかのよう。 ハイハイ、承知しました。 家では、松のみどり摘みから生垣の刈込みまで、 殆どつれあいが剪定しますが、 ↓の3種だけ、樹形にこだわりがある私の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

椿にぞっこん

ワオーッ、とうとう手にいれたぞーっ!  ナニ ?!Σ(゚∀゚ )≡( ゚∀゚)ナニ ?! 椿、”吹上絞り”の苗木です。   ドテッ !(((((((((((o_ _)o ナァーンダ 発端は、 近所のこじんまりした会社の敷地をぐるりと囲んだ生垣の椿。 交互に植えてある絞り咲きと赤無地のどちらも八重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真冬のカラーリーフ

昨年末ギリギリになって、門松用の葉ボタンが足らない、 と云うつれあいに便乗して園芸店へ。 そこで私の目が釘付けになった、シックな マゼンタピンク の カラーリーフ です。↑ ラベルで知ったその名は「へーべ」。 「冬の庭にまるで宝石のよう~~、・・・・・うんぬん、」 書かれたちょい飛躍し過ぎるキャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワインレッドの冬紅葉

十二月、師走、冬深む。 冬枯れの庭に少し色を添えたいと、 3年前植えた常緑ヤマボウシとイワナンテンです。↑ 常緑樹でありながら、冬場の今 紅葉する貴重な存在で、 それも真っ赤ではなく、シックなワインレッドという色合いもいゝ感じ。 成長は遅くまだ苗木ですが、 大きくなって樹形を整えれば趣のある木にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シクラメン ( 水彩 )

花を描く時、花色もさることながら、 葉っぱのビミョーな緑色の固有色に、いつも戸惑います。 シクラメン独特の青緑の葉色は、事前に下調べして、 プルシャンブルー、イエローオーカー、バーントアンバー、コンポーズブルー、の混色で。 ( "緑色”は、一切使わず ) ウ~~ン、なかなか____。 色だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑草対策の為のガーデンリフォーム

今日は前回に続き 昨年末施工した、息子の家のガーデンリフォームのお話。 築12年、新築時にDIYで敷いた芝生を持て余して はいでしまった後、雑草対策をしたいと言うので、 以前我が家の前庭のリフォームを依頼した工事会社を紹介。 こういう分野のデザイン、設計が得意な会社です。→ グランド工房 限られた予算内で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオダモの植え替え

日中留守の息子家族の庭に入って、植木屋さんがする 枯れたアオダモの植え替えに立ち会った時のこと。 枯れ木を掘り起こすと、 何と根の中からコガネムシの幼虫がウヨウヨ………。 ヒェ────(;゚;д;゚;)────!!  これじゃー、食害で枯れるわなぁー。 幼木の根、さぞや美味しかっただろうに。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭のコスモス(水彩)

今年も庭に、去年のこぼれ種からコスモスが沢山咲いています。 そよ風に、花がトントンこ踊りし、 時折吹く疾風では、一瞬にしてピンクのウエーブに~~。 一日中眺めて見飽きません。 揺れるコスモスが好き~、秋が好き~~。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

朝顔(水彩)

今年も種をまき、育て、そして描きました。 朝顔デス。↑ 花も葉っぱも形状はシンプルですが、 つるが絡み、込み入った草姿が絵には難しい・・・。(涙) 毎年、どこを切り取って描こうかと、悩みます。 葉っぱのやゝこしい茂みは、眺めても何が何だか分からず、 概念で描いてしまったので、かな~り怪しい (?)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

炎天下に咲くコバノランタナ ~~♪

真夏の強い日差しの下でも花が衰えず、 今、コバノランタナが玄関先で鈴なりに~。↑ 毎年5月~12月初旬まで、花を休まず咲き続ける 貴重なこの 宿根草 落葉低木は、病害虫の心配なく、 花ガラ摘みの必要もない、手間いらず。 毎日玄関を出入りするたび見えるので、 「きれいよ。」と、いつも目で言ってマス~^^。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫陽花(水彩)

六月、水無月、紫陽花の月。 あじさい____、 名前の穏やかな響き、そぼ降る雨に濡れた青紫色の美しさ。 雨の中でも鮮やかに映え、あんなに淡い色調なのに どうしてクッキリ浮かび上がって見えるのだろう。 他の季節の花にはない叙情に心惹かれます。 今の時期、ご近所の塀越しに見える 微妙な色の違う紫陽花を眺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コニファーの剪定 大失敗 ✖

オー、マイガーッ!!    な、なんて事に!!💥 庭の剪定を一通り終えて暇そうなつれあいに、 本来私担当の コニファー トピアリー を頼んだのが運の尽き。 ↓ 早く片付けたいと、生垣に使う大きな園芸バリカンを使った ので、思うようにいかず、形がいびつになったと___。 もう取り返しのつかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

利休梅の剪定、自分流~♪

花後、庭の利休梅が ワッサワサ 繁り出し、うっとうしくなりました。 ↓ 庭木の剪定は殆どつれあいの仕事ですが、 この利休梅は、樹形にこだわりのある私の出番です。 上に向かって扇形に広がる様、 細っりした株立ちの幹が見える様、 空が透けて見える様、 思いっ切りよく、枝葉を半分以上バンバン切り落とします…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステイホーム、ステイガーデン~!

外は新型コロナ不安一色でも、 庭は色とりどりの花が咲き競って、今五月。 ↑ 植えっぱなしでも毎年咲く前庭の芝桜。 ↑ 中庭も多年草の都忘れやガザニアが・・・・。 ↑ 裏庭は開花が終わったサツキもあれば、これから咲き出すのも・・・。 「私を見て元気を出して~~、」との…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵など描く気になれず・・・・・

お正月、門松の根〆に使った葉ボタンです。↑ 2月中旬からニョキニョキ トウが立ち始め、のっぽに_________。 普通この頃公園等では抜き去るのですが、我が家ではそのまゝです。 3月に入って花が咲き出して・・・・、↓ これはこれで、なかなか オツ なもンでしょ?、 ハイ。 ━━━━━…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

利休梅

だれが名付けたか、利休梅__________。 利休サンが愛した訳でもないらしく、 梅とは似ても似つかぬバラ科の花なのに。 繊細で美しい樹形でも、余り馴染みがないのは、 地味ぃーな和名で損してるンだろうなぁ。 浅春に株立ちの根元からてっぺんまで 混じり気のない純白の花を付けたその立ち姿ったら、 清楚な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の椿 3種

きれいでしょう~~? と、まぁ自画自賛(笑)ですが、 ガラス細工の様な美しさに5分咲きの今、見入っています。 毎年、桜が満開になる頃、ひっそり花を落とす「乙女椿」です。 ↓ は、小輪多花性の椿「港の曙」。 横浜で改良された品種だからそんな名前が付いたそう。 開花は1月~3月にかけて、結構ロン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏の花準備 そしてプラ鉢の事

↑ 暖かかった今冬、戸外で育てる鉢植えのパンジーやシクラメンでさえ、 今、元気に花をどんどん立ち上げています~♪。  このまゝでは、今年の花は早くに終わりそう~と、 にわかに思い立ち、初夏の花苗を求め、マスク姿で園芸店へ。 そこはもう春らんまん______、外のコロナ騒動がウソの様な別世界で 久し振りに ウッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戸外で育てる室内向けシクラメン~~

今冬冒険して、外のハンギングにフツーサイズの室内向けシクラメンを植えました。 戸外で育てるシクラメンはミニミニサイズ、という園芸常識にもかからわず。 巾42cmもあるこのハンギングには、 ミニでは小さ過ぎてバランスがよろしくない・・・・・。(涙) フツーサイズでも小振りなものを選んだのが良かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どーんっ!と ガーデンマム (庭植え用キク)

従来のキクと違い、ヨーロッパで品種改良されたという華やかなガーデンマム。 ハンギング用に、冬のパンジーが出回るまでのつなぎにと、 初めて2鉢買ったのが先月初旬の事。 葉っぱが見えない程、花がびっしりついていて、 ハンギングバスケットに1株植え替えただけでも、 こ~んなに(↑) ボリューミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭のランタナと花水木

知らなかったなぁ、ランタナが常緑低木とは____。 今まで宿根草だとばかり思ってたもの。 おっ、でもこれ、「花木、庭木」のカテゴリーのネタになりそっ。 ่ ( ̄◡ิ ̄) シメシメ  ↑ は、今満開のコバノランタナで、何とも上品なラベンダー色。 ランタナの開花期は色によって多少バラツキがある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コニファー スタンダード仕立て~♪

ブログ村で「花木 庭木」のカテゴリーに参加しているものの、 その分野の記事がサァーパリ書けてません。⤵ 早い話、「書くネタ」がない・・・・・・・。(涙) これではイカン、と今日は無理矢理、 昨日剪定したコニファーの話に振りますので、お付き合い下さいませ~~。 *** 我が家では生垣から松に至る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

失敗した今年の朝顔と 成功したコルジリネ~

アサガオはお盆を過ぎると徐々に勢いが衰え、 種まきに失敗した今年は特に______、デス。 私のアサガオ栽培歴はまだここ数年で、その間も種を採りたい程 納得したのがなく、結局種は毎年買い替えていました。 昨年やっと巡り会い、花弁がしっかりして、開花時間の長いアサガオから 採った種を、今年まいたのが、5月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五月の庭

       芽吹きの4月、青葉若葉の5月。    庭の花木も色とりどりで、一年で一番華やぐ季節です。 色や種類によって花が順次程よくずれて咲き、今が見頃のサツキ達。            ↓        玄関前の花壇に咲くのは芝桜。  1ケース(24株入)の苗を買って植えたのが、3年目の今年、     やっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭のリフォームとT氏の思い出

 「実家を処分する事にしました。 コレ、貰っていただけますか?」     一抱えもある大きな信楽焼のたぬき↑を持って、  玄関先に立たれたのは、3カ月前に急逝されたT氏の息子さん。           勿論、喜んで___。             *** 近所で親交があり、人生の大先輩だったT氏___、行年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

* ビニールポットのパンジー苗(オイルパステル)

        先日久し振りに園芸店へ ~♪  華やかな花にうずもれたカオスの様な店内をすっかり堪能し、 今回買ったのは、対のハンギングバスケット用のパンジーの苗等10株。             描いたのが↑。            植え込んだのが↓。       半円リースは3~4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more