テーマ:水彩

デコポン (水彩)

ルクス も ネーミングも チャーミングな春の味覚、デコポン。 甘くて、皮も柔らかく簡単に手でむげるし、 オブラートの様な薄い袋ごと食べられるのもいゝですねぇ~^^。 ヨメちゃんの実家から頂きました。 大層美味で、 アリガトォー  <(_ _*)>   ゴザイマシタ 。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜(水彩)

今年もつれあいと二人、お弁当を買って、 近くの山合いにある清流脇の、小さな桜スポットに行きました。 後何回、こうして桜を愛でる事が出来るだろうか、私達・・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乙女椿 (水彩)

カメリア・ジャポニカ・オトメ さん。 新築時、庭に植えてはや30数年、 毎年ながらガラス細工の様な美しさに見惚れます。 あの シャネルの カメリアブ ローチ の モデル とか。 あぁー、我が家の君は絵にも描けない程美しい _____ 、 なぁ~んて、稚拙な絵の言い訳にしときましょッ。 (ノ∀`…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

椿(水彩)

椿はとても種類の多い花。 大、中、小輪あり、八重、一重あり。 色も赤、白、ピンク、ぼかし、斑入りと、様々です。 薔薇の様な美しさから、 ヨーロッパでは昔、ウィンターローズと呼ばれたそう。 我が家の椿も落ちてなお美しく、木の根元を飾ってくれます。 そんな風情の名も素敵、落ち椿。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅にメジロ~♪(水彩)

二月、きさらぎ、梅見月。 「梅にうぐいす」と云われる位、 双方、日本古来の伝統的な取り合わせですが、 家の梅の古木にはサァーパリ来てくれません。 あの有名な美声を聞かせて欲しいのに、 たまに来るのは、無口な(?) メジロばかり~。(笑) でも描きました、「梅にメジロ」。 ----- ◆◇◆ -…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉ぼたん(水彩)

雪にも負けず、みぞれにも負けず、 丈夫な体を持った葉ぼたんは、真冬の庭のエースです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レースアップ ブーツ(水彩)

靴が好きデス。 新しい靴を履けば姿勢も良くなるし、 最初に一歩踏み出す時の、前を向いて歩む気持ちの良さったら~。 今冬初めに買ったレースアップブーツです。↑ デザインもさることながら、 サイドファスナー付きでスニーカーの様に歩き易いので 今の時期、日々の買い物にはいつもこればかり履いてます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

” 瓶 "の絵(水彩)

たかが ビン、されど ビン1本の絵 ___ 、です。 こういうシンプルな人工物の回転体は、 簡単な様でごまかしがきかない分、難しい。 柴崎先生の、左右対称を意識し過ぎるのではなく、 下から、長方形、円、楕円、と立方体の形から描いていく、 という発想が新鮮でした。 私のは ↑、 描き込み過ぎた、色が濁っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シクラメン ( 水彩 )

花を描く時、花色もさることながら、 葉っぱのビミョーな緑色の固有色に、いつも戸惑います。 シクラメン独特の青緑の葉色は、事前に下調べして、 プルシャンブルー、イエローオーカー、バーントアンバー、コンポーズブルー、の混色で。 ( "緑色”は、一切使わず ) ウ~~ン、なかなか____。 色だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭のコスモス(水彩)

今年も庭に、去年のこぼれ種からコスモスが沢山咲いています。 そよ風に、花がトントンこ踊りし、 時折吹く疾風では、一瞬にしてピンクのウエーブに~~。 一日中眺めて見飽きません。 揺れるコスモスが好き~、秋が好き~~。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初めてカボチャを描く~~(水彩)

オッ! 立派なカボチャが丸ごと1個、特売で¥198、安___ッ! 普段は¼カットしか買わないカボチャを丸ごと2個も買ったのは、 食べる為ではなく、絵を描く為に____。 (;´∀`)ァリャリャ 形はシンプルですが、 渋い色と地模様が難しく、迷いながら描きました。 出来栄えはまだまだ・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝顔(水彩)

今年も種をまき、育て、そして描きました。 朝顔デス。↑ 花も葉っぱも形状はシンプルですが、 つるが絡み、込み入った草姿が絵には難しい・・・。(涙) 毎年、どこを切り取って描こうかと、悩みます。 葉っぱのやゝこしい茂みは、眺めても何が何だか分からず、 概念で描いてしまったので、かな~り怪しい (?)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい画材たち

最近画材の購入はもっぱらネットです~。 専門の画材屋さんが電車で行くほど遠いのと、 ネットなら小物はメール便で対応してくれるので コロナ禍の今、助かります。 先日SからLサイズに買い替えたターレンスのアルミパレット。↓ どんな風に色を配列しようか___。 只今楽しく思案中。 ↓左。やっと見つけたA3サ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柴崎先生のライブ配信で de 尾瀬風景(水彩)

先週の日曜日、柴崎先生の動画のライブ配信がありました。 事前に予告された、23時の開始時刻では夢路の中の私は、 あくる日のアーカイブで視聴。 海外からのファンが多い(コメントの8割位は英語)先生らしい、 通訳を交えてのオンライン講習は分かり易く、楽しかったデス。 暗い色を塗るのを怖がらないで___、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫陽花(水彩)

六月、水無月、紫陽花の月。 あじさい____、 名前の穏やかな響き、そぼ降る雨に濡れた青紫色の美しさ。 雨の中でも鮮やかに映え、あんなに淡い色調なのに どうしてクッキリ浮かび上がって見えるのだろう。 他の季節の花にはない叙情に心惹かれます。 今の時期、ご近所の塀越しに見える 微妙な色の違う紫陽花を眺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドクダミ草 (水彩)

繫殖力旺盛で、抜いても抜いてもはびこるドクダミ草。 今年も庭の片隅に、小花が沢山咲きました。 花が終わったら根こそぎ抜き取ります。 なのに来年又、元の木阿弥に____。 毎年これの繰り返し。 まぁそれでも花が可愛いから、いいとしよう~~。  ........(/^-^;)/ アラララ  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久し振りのお絵描き、カーネーション~(pen & 水彩)

家族でも我が家に大勢集まれば3密になるからと、 恒例の会食の中止を私から申し出た今年の「母の日」___。 それでも息子とヨメチャンが、 キレイにラッピングされたカーネーションの鉢物を持って来てくれました。↑ 小振りながらつぼみが沢山付いていて、 2週間以上経った今も順次花を立ち上げています。 * * …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キウイ & 新しい絵筆 (水彩)

1カ月振りのお絵描きです。 絵は描き続けてないと描けなくなるので、重い腰を上げて描きました まず簡単そうなキウイから、と描いてみたけれど・・・・。 ・・・( ̄  ̄;) うーん ━━━━━━◇◆◇━━━━━━ ネットで画材の刷毛を検索中に出会った、前から気になっていた別の筆。 著名な水彩画家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬枯れの田園風景(水彩)

あるある、そんな風景________、家の近くにいくらでも。 動画で見た柴崎先生の冬の田園風景画は、 実際見たら気にも留めない程ありふれた景色なのに、 先生の筆にかかるとたちまち、ダイナミック、かつ ドラマチックに____。 色彩センスも素晴らしいです。 私もならって近くのスーパーに行く途中のよく似た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生しいたけ (水彩)

果物や野菜の、まぁーるい感じを描くのは、気持ちがいゝです~♪ ホッとします。 今、混色でいろいろ固有色を体得中で、今回使った色は、 ジョンブリアンNO1、イエローオーカー、ライトレッド、セピア、の4色。 この際、スーパーで普通に売っている生鮮野菜や果物を、 一通り全部、練習に描いてみたら? と 私の内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦手な花の絵ですが・・・・・・(水彩)

花を水彩で描くのは怖くて、いつも気後れします。(涙) ガクガク (((((((( ;゚Д゚))))))) ブルブル 花瓶に挿している込み入った花なら尚更の事。 でもそんな機会は意外と少ないし、 それではと、前回のペン画の花を今回は水彩でチャレンジしました。 紙のサイズも F3からF6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれあいの生け花~♪(pen & 水彩)

貧乏性なのか、それとも本当に貧乏なのか___、 多分後者~~。 普段、切り花を買ってまで部屋に生ける事はしない私なので、 毎年末、お正月くらいはと、 つれあいが玄関に飾る花を自分で買って来て、自分で生けるンです~^^  (´・∀・` ) アッチャマァ- 長持ちする様、毎年同じ、松、菊、百合、カスミ草の4種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫娘 & 孫犬~~(pen &水彩)

孫娘(三女 7才) ・・・・・・・ 「ぶっく、よしよし、いゝ子いゝ子」 孫犬(四女 5才)・・・・・・ 「すーちゃんもいゝ子、いゝ子」 孫犬、近影です。 ↓ 時に精悍な白ライオンに見えたり⤴ はたまたお稲荷さんの白ギツネに見えたり・・・・・⤵ 容姿非端麗だけど、それでも可愛いです~^^ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たかが さつまいも の絵ですが・・・・(水彩)

たかが さつまいも の絵、と あなどるなかれ___、 大きな形はつかめても、 ビミョーな凸凹、質感、そして特に複雑な色の表現は至難のワザです。 かなり迷いながら、 絵筆を逡巡(シュンジュン)させながら描いたので、 少し描き込み過ぎました。(涙) 実はコレ、2枚目___、 ホントはもう1枚描き直せばいゝ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫色(?)で描いたゾウさん(水彩)

近頃、柴崎先生の動画は生き物の絵が続くので、嬉しくなります。 今回はゾウさん。(先生は”さん”づけで呼んでる) 今にも紙から抜け出て来そうな、凄い迫力です。(お手本の方) 背景のサバンナの夕焼けの美しさとうらはらに、 にじみ出る巨大な動物の孤独感・・・・・。 難しさを承知で、勇気を持っていちいち感動し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白い絵の具を使わず描いたニワトリ(水彩)

水彩で生き物を描いたのは初めて? 多分。 今までオイルパステルで描くのが定番だったから。 柴崎先生の模写です。 先生のライオンやネコの絵は凄すぎて、模写はとても歯が立ちませんが、 ニワトリなら何とか・・・・・・。 お手本通り、 ニワトリの体は白く塗ってないのに白く見える、水彩らしい技法で。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の柿 (水彩)

大きくなり過ぎ、3年前思い切って半分に切った庭の柿の木。 木にとって余程ストレスだったのでしょう___、 今年やっと、まともに実を付けて復活しました。 施肥もしないし、間引きもしない(もったいなくて)のに、 小さめながら味は上々~^^。 ホントは食べるより、柿の成る風景が好きなのです。 ━━━━━━◇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手漕ぎボートの習作 (水彩)

又々、すっかりハマッている柴崎先生の模写です。 何事も一旦興味を持ち出したら、 若い頃より自分の時間がたっぷりある分、没頭してしまいます。 加えて先生の投稿ピッチが早く、私の閲覧も忙しいデス~^^。 * * * * * 風景画の中でも魅力的なモチーフでありながら、 描くのは意外と厄介な舟。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイソーグッズde作った水彩絵の具入れ~~♪

日常生活でほんの小さなことが改善されただけで、 気持ちも晴れやかに過ごせていく、という事がある。 例えば、水彩絵の具入れ。 単品買いから始めた水彩絵の具は、今までテキトーな空箱に グチャグチャ入れて、目当ての色を探し出すのが、ちょっとストレスでした。 何とかしなくっちゃー、と急に思い立ち、ビユ~~ン、とダイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more