ミス ポター・・・・映画のおはなし

画像


     先日、BS放送で米英合作映画 「ミス・ポター」 を見た。

       あの「ピーター ラビット」を描いた絵本作家、
       ビアトリクス・ポターの半生を描いた作品です。

      イギリスの上流社会に生まれ封建的な思想の中、
       自立していく彼女の姿は、喜びや悲しみと共に
      美しい田園風景の中に溶け込んでいくようです。
 
         久々に見た余韻の残るいい映画でした。

    その絵本が水彩で描かれているのも初めて知った事です。
       画面に映る使い古したパレット、ガラスの水入れ、
       絵筆を握る彼女の手が一瞬、逡巡するシーンも
         丁寧に撮られていて心に響きます。

                *

    映画では晩婚の彼女が結婚したというあたりのナレーションで
      終わっているので、その後の人生を知りたく
         図書館で↑の本を借りました。

   伝記2冊と、彼女がこよなく愛した湖水地方の美しい写真集。

   絵本の宝石 「ピーター ラビットのおはなし」、もう一度読んでみます。

      きっと多々、新しい発見があるでしょう~。



                  

"ミス ポター・・・・映画のおはなし" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]