台風一過と預かりワン(鉛筆画)

怖かったぁ__、今度の台風10号は!

30年前、当地で経験した945ヘクトパスカル、風速45mの台風でさえ、
家の瓦が飛んだり、飛来物で窓ガラスが割れて恐ろしかったのに
今回の920hp、最大風速80mでは屋根どころか
家までぶっ飛ぶだろうと、それはもう恐怖でした。

観測史上経験のない甚大な被害、命の危険性を訴える報道に
最接近二日前から、やり場のない気持ちで
貴重品や少しの着替えをリュックに詰め、枕元に置いて寝たほどです。

つれあいは必死で雨戸のない窓にガムテープを張り巡らしたり、
外にある物をロープで巻きつけるわで、
「家が飛ぶレベルでそんな事してナンボのもんじゃい!」
と、思いましたが口に出しては言いませんでした。

v(・_・) ヾ('-'*) エライ エライ

まぁ結果、先の台風9号の雨で海水温が下がっていたとかで
勢力も弱まり大事に至らず良かった、良かった。

***

今になって落ち着いて考えてみれば、
役場から入った緊急避難勧告メールで指定された建物には
町民の1割位しか収容できないはず、という疑問が____。

平常時に防災の事も、もっと真剣に考えなければ、
という教訓にもなりました。

又、最近の異常気象の原因の一つ、
地球温暖化の問題にも深く関心を寄せなければ、とも。

***


ぶっくイラスト - コピー.jpg

台風の時、いつも息子家族の外飼いワンを預かって、
家に入れています。

室内は圧迫感を感じるのか、部屋中をせわしなくウロウロ歩き回って
落ち着かず、ストレスみたいなので優しく論したり(?)、
好物のおやつを与えたりするのですが・・・・・・・。

しまいにはあきらめて、寝てくれます。

普段見る事のない寝顔をスケッチしました。↑

可愛い。


当日、緊張顔のご本人です。↓

ぶっく2020.jpg

この記事へのコメント