初夏の花準備 そしてプラ鉢の事

2020年 春の鉢植え.jpg

暖かかった今冬、戸外で育てる鉢植えのパンジーやシクラメンでさえ、
今、元気に花をどんどん立ち上げています~♪。 

このまゝでは、今年の花は早くに終わりそう~と、
にわかに思い立ち、初夏の花苗を求め、マスク姿で園芸店へ。

そこはもう春らんまん______、外のコロナ騒動がウソの様な別世界で
久し振りに ウッキウッキ~(^^♪ しながら、足早に店内を一巡し、
ロベリアを色違いで15株買いました。

ブルー系の極小花は、本来カスミ草の様に他の花を引き立てる脇役ながら、
今年は単植で主役にしてみる事に。

本格的な開花まであと1カ月、その間庭の片隅で育てましょう。

ロベリア2020苗.jpg

* * *

こういう季節の変わり目の鉢植えは、
次期シーズンの花苗を買って来ても、まだシーズン中の花が咲いていて、
すぐ植え替える事が出来ません。

なので私は予備として、全く同じ鉢をそれぞれダブルで用意。

プラバチ5個A.jpg
表舞台の定位置に5個、控えも同じ5個。
時期が来たらパッとチェンジ。

全てプラスティックで軽いとはいえ大きめなので、
土を入れると結構な重さになります。

一昔前はテラコッタでなきゃぁダメッ!と、こだわった時期もあったけれど、
それはもっと重く、もう体力的にしんどい。

そんなこんなで、
手のかかる植木鉢はこれ以上増やさんぞーッ、絶対に___。

ウンウン. ゚.+:。(*-ω-)(-ω-*)゚.+:。 ソウソウ

* * *

情報が錯そうしてユーウツな最近のコロナ報道の中、
こんなささやかなガーデニングが救い・・・・・。


この記事へのコメント