コニファー スタンダード仕立て~♪

コニファースタンダード.jpg

ブログ村で「花木 庭木」のカテゴリーに参加しているものの、
その分野の記事がサァーパリ書けてません。⤵

早い話、「書くネタ」がない・・・・・・・。(涙)

これではイカン、と今日は無理矢理、
昨日剪定したコニファーの話に振りますので、お付き合い下さいませ~~。

***

我が家では生垣から松に至るまで、
庭木の剪定はつれあいの「おしごと」です。

しかし、切るのに思いっ切りのいる利休梅と、
センスのいるコニファーだけは私まかせ~~。(っていうか、放棄)

10年前、玄関アプローチをリフォームをした際植えたスラーッとしたコニファーの苗木、
経年変化で数年の内、縦横太り、
うっとおしくなったので思いきって芯を止めました。

スタンダード仕立てになる様、途中の枝葉もかなり落とし、
当初すっかりみすぼらしくなったその立ち姿につれあいが断言。

「その木、絶対に枯れる!」

まぁ、それでもコマメな剪定で3年かけてやっと形が収まり今の樹形に。

葉を摘む時、オレンジがかった森林(?)の様ないい匂いがするのは、
ヒノキ科の植物が外敵から身を守る為揮発させる、
フィトンチッドという成分があるからだそうですよ~。

剪定しながら癒されます。

***

ついこの間まで暑い暑い、と言っていたのに、もう秋。

はす向かいのお宅の金モクセイが、
今年も又いい香りを漂わせてくれています。

季節が自然界に授けてくれる嬉しい変化。

窓から見える向こうの山も、
これから段々錦色に染まって美しいでしょう。

街路樹のイチョウ並木も、もうすぐ見事な黄色になるでしょう。

この記事へのコメント