犬の十戒 (オイルパステル)

画像


今年1月息子家族の元に来たWANがこの10月で満1歳になります。

    保護センターから来たのが生後2か月半頃だったので、
       逆算したあくまでも推定誕生月です。

   来た当初は痩せて、体にあるいくつかの傷痕からも、
何度か犬を飼った事のある私には察するものがあり、不憫でした。

    案の定、人間不信のトラウマか、なかなか心を開かず、
   随分心配しましたが今では家族にだけはすっかり慣れ、
      私が行っても大はしゃぎで、可愛いです。

捕獲当時のセンターの人の話によれば、一緒に徘徊していた母犬は
 山に向かって逃げ、エサがないので餓死しているだろうと___。
       同時に保護されたもう一匹の兄弟犬も、
      もし引き取り手がなかったら、すでに・・・・・。

           考えただけで悲しい___。

     この先、殺処分になる犬猫が、こうして一匹でも
       救われる事を願わずにはいられません。

          天国の”ぶっく”のお母さん、
       あなたの人生(犬生?)はとても不幸だったけど、
  あなたの残した可愛い子供はこんな立派な娘に成長しましたよ。
               ↓
     超、超ビビリ犬だけど、暖かく見守ってやって下さい。
       そして、あなたにも安らかな眠りを___。

画像


              ***

             「犬の十戒」

                英文詩
             Author Unknown

1       私の一生は10~15年位しかありません。
  ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
      私の事を飼う前にどうかその事を考えて下さい。

2         貴方が私に望んでいる事が、
      私に出来る様になるまで少し時間を下さい 。

3 私を信頼して下さい・・・。それだけで私は心が安らぐのです。

4  私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
  貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
   でも、私には・・・・・。 貴方だけしか、いないのです。

5        時々私に話しかけて下さい。
      たとえ貴方の言葉を理解出来なくても、
     話かけてくれる貴方の声で、理解出来ます。

6     貴方がどれ程私を世話してくれている事か、
    私が決して忘れない、という事を覚えておいて下さい。

7        私を叩く前に思い出して下さい。
  私には貴方の手の骨を簡単に砕く事が出来る牙があるけれど、
      私は貴方を決して噛まない様に決めている事を。

8    言う事を聞かない、頑固だ、怠け者だ、と叱る前に、
 私がそうなる原因が何かないかと、貴方自身に問い掛けて下さい
    適切な食事をあげなかったのでは?
   日中太陽が照りつけている外に、長時間放置していたのかも?
    心臓が年をとるにつれて、弱ってはいないだろうか?

9     私が年を取っても、どうか世話をして下さい。
         貴方も同じように年を取るのです。

10  最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
        「見ているのが辛い」から、とか、
   「私のいない所で逝かせてあげて」なんて言わないで欲しい。
          貴方が傍にいてくれるだけで、
      私はどんな事でも安らかに受け入れられます。

            そして・・・・・、、

           どうか忘れないで下さい。

        私が貴方を愛している事を・・・・・・。


この記事へのコメント